このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教員紹介

篠田 孝祐 助教 SHINODA Kosuke

  • 社会知能情報学専攻
  • 社会情報システム学講座
  • kosuke.shinoda(at)ni.is.uec.ac.jp

我々は、日々さまざまな関係のなかで生活をしています。人同士の関係だけでなく、ヒトとモノ、ヒトと出来事など、あらゆるものと関係を持たないで存在する事物はないと言えるでしょう。ヒトやモノをノードとして扱い、そのノードの間にある関係に着目する概念が「ネットワーク」です。そして、それを研究の対象とした分野が、「複雑系ネットワーク」と呼ばれる研究分野になります。

既存のネットワーク分析を扱った研究の多くは、ある時間のある関係に着目した静的なネットワークを対象としたものが多く、それを分析・モデル構築・現象の説明が中心でした。例えば、ソーシャルネットワークサービス(SNS)分析では、ある時点でのネットワークにおける構造的特徴の観測やコミュニティ形成の過程が研究の対象としており、そこで観察されたネットワークの構造を再現可能なモデルを発見・構築することで、現象を説明することを目的としています。また、全体的な視点からではなく、個々のノードに着目した研究として、各ノードの役割に着目したネットワークの成長を、ゲームに基づくモデルとしてNetwork Gameを提案されています。しかしながら、人間関係や経済活動、交通インフラなどを運用するという側面からみた場合、”静的な側面”ではなく、それらの構造がどのように、なぜ変化するのか、という”動的な側面”に着目する必要があります。

近年、時間的空間的なネットワークを対象とした研究は増えつつありますが、SNSのような構造の変化を観測することはできても、十分に説明できるだけのモデルがありません.そのため、システムを安定的にかつ継続的に運用するには、”ネットワーク構造の変化”を発見し,その”変化のプロセス”を説明できるようにすることが重要な課題といえます。

さらに、人間関係・経済活動・交通インフラに限らず多くの社会ネットワークは、そこにある関係性が複数の要素から成り立っています。例えば、人間関係であればコミュニケーションの機会という面からみた場合は会社での立場や趣味などを関係性の定義として考えられ、交通インフラであればヒトの流れという面からみた場合は移動手段を関係性の定義として考えられる。近年、そのような関係を表現する多重ネットワークの研究も増えつつあり、それを考慮することも重要な課題といえます。このようなネットワークの多層性を考慮することで、ヒトが言葉を得て同期対面によるコミュニケーションが確立されたとき、そして文字を得たことで非同期非対面のコミュニケーション機会を得たとき、身近なところではメールによるコミュニケーション機会を得たとき、それぞれの時代で人間関係が変わったように、関係性からなるネットワークの構造が別の関係性からなるネットワークにどのような影響を与えるのか与えられるのかは、今ある環境に新しい仕組みを導入するときには重要な課題であります。

これらネットワークの概念と、マルチエージェントシミュレーションの技術を組み合わせることで、既存の社会サービスの設計、再設計に寄与できると考えております。とくに、交通インフラでは、鉄道、タクシー、バスなど複数の交通機関ごとに関係性を定義することが容易であり、個々のネットワークのデータの収集・分析が可能である。また、交通インフラは、ヒトの流れを支援するネットワークとして捉えたとき、交通手段の変更可能な地点をノード、ヒトが移動可能なノード間をリンクとするネットワークと言え、本提案課題における実サービスの対象に適している。さらに、現在、交通インフラの整備は、個々の交通機関の問題として扱われることが多く、個別の交通機関での問題解決が中心となっています。ここ10年、Park&Rideや、欧米でのセルフサービスレンタルサイクルのような複数の交通機関の協調による解決は試みられていますが、インフラ全体の問題として議論する枠組みが確立していないため、あらゆる地域での導入の検討は非常に難しい状況にあります。この問題をはじめとして、社会にある構造とそのデザインに取り組んでいけたらと考えております。

教員紹介