このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教員紹介

福田 豊 教授 FUKUDA Yutaka

  • 社会知能情報学専攻
  • 政策情報学講座
  • fukuda(at)is.uec.ac.jp

1 基本的なスタンス

IT(情報技術)の影響はますます多方面に及び始めていて、新たな情報化領域が現れ始めている。同時に、既存の情報化の領域ではその利用の深化・高度化が進んできている。情報化の進行は縦と横とに進化と拡散の程度を強めてきていると言うことが出来よう。従ってそのインパクトの及び方は複雑になってきており、情報技術が適用される分野間で異なったコンテクストが形成される傾向も見られ、その間の関係を分析する必要性が高まってきている。ITは社会を変える(新たなつながりを形成する)ためにも、また、社会を変えない(既存の諸関係を維持する)ためにも使用されうるのであるが、それは、まさにITのpervasiveでgenericな技術的特性によるものなのだ。まさに、ITは現代のプロメテウスの火ともいえ、パンドラの箱を開けないように、また、箱の中に納められているとされる希望の輝きをさらに増すように、我々一人ひとりの透徹した理性と主体的で勇気ある行動が求められるといって良い。

2 研究の概要

(1)基礎社会情報学の構築に関する研究

ITのインパクトが多層的構造を持つこと自体をまず、明らかにすることが必要である。IT社会の評価と構想に必須の観点だからであり、ITの技術的進化を支える基盤ともなるからである。この作業を基礎社会情報学の構築として推進することが私の第一の研究軸である。この研究の推進のためには、社会構造に関する諸理論、特に経済学や社会学の諸成果を積極的に取り入れる。そこでは、人びとの主体的な意味づけ活動が、再帰的に社会構造に影響を与える諸条件をITが支援する仕組みに焦点を合わせて解明する。

(2)情報化の先進領域に関する研究

第二の研究軸は、主要な情報化(IT化)の領域に関する具体的な研究である。現在の情報化のフェーズを「全面的情報化フェーズ」としてとらえた上で、1)全面的情報化の基層を形成する産業システムや企業システムの情報化の問題と、2)近未来の社会システムの主要構成要素と考えられるコミュニティの情報化の問題を特に取り扱う。
前者に関しては、EDI(電子データ交換)やeコマース、CSR(企業の社会的責任)などが具体的な研究テーマとなっている。後者に関しては、Civic Engagement(市民参画)の推進と支援を可能にするICTの機能と役割に関して、ソーシャル・キャピタルの形成・蓄積の観点から、新たな地域情報化の推進体制の研究を行っている。
これら主要な研究領域は、ともに、近未来のサステーナブルな社会システム構築のための具体的なロードマップとして位置づけられるものであり、その理論的枠組みを与えるものが、(1)の基礎社会情報学という関係にある。

3 研究の方法的特徴

以上のように私の研究は、テクノロジーを主要な社会的環境の一つと考える「ソシオ・テクニカル・アプローチ」を採用するものであり、基本的には社会科学的な定性的研究である。定性的研究は定量的研究の前提ともなる側面がある(相互依存的であるが)ので、定量的手法を採用する学生や研究者諸氏の当研究室への参加も可能である。

教員紹介