このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教員紹介

策力 木格 准教授 WU Celimuge

  • 情報ネットワークシステム学専攻
  • ネットワークコンピューティング学講座
  • clmg(at)is.uec.ac.jp

1.はじめに

携帯電話、無線LANシステムをはじめ,無線通信技術が様々なところで幅広く使われており,人々の生活をより便利にしています。無線ネットワーク通信プロトコル及び無線を利用したコンピューティングシステムの研究を行っています.特に車両ネットワーク,センサネットワーク,クラウドコンピューティング,IoT,ビッグデータ処理,Webサービス,ユビキタスシステム等,スマートな社会を実現する情報通信技術の研究をしています.

2.研究テーマの例

CPSにおける路車・車車・歩車協調通信・制御プロトコルの研究

近年,実世界における組み込みシステムなどが構成するセンサネットワークの情報を,サイバー空間の強力なコンピューティング能力と結びつけ,より高度な社会を実現するためのサイバーフィジカルシステム(CPS)が注目を集めています.車両ネットワークはCPSの非常に重要な一部であり,高度交通システムや自動運転などにおける必要な通信を提供します.実世界と情報通信技術の融合ということを目標とし,CPSセンシング技術,車車間・路車間・歩車間通信技術を用いた車両ネットワークにおける交通事故の削減,渋滞の解消,災害時の適切な情報の提供,快適な運転の実現などのための協調通信・制御システムの研究を行っています.

端末の異種性を考慮した自律分散協調通信システムの研究開発

オリンピック等の大規模イベントにおいては,交通混雑を緩和する,または選手・観光客に正確な交通情報を提供するシステムが重要です.既存の交通システム(例えばVICS)は事前に設置したインフラ,集中管理に基づいた案内であるため,正確性,リアルタイム性が乏しい,また負荷分散を考慮せず,すべてのユーザに同じ情報を配布するため,渋滞を加速化する場合があります.そこで,より正確かつ迅速な交通情報案内のための自律分散協調システムフレームワーク並びにそのためのプロトコルの研究を行っています.

車両を対象としたビックデータ収集プロトコルと負荷分散方式の研究

車両アドホックネットワーク(VANET)による短距離アドホック通信とセルラ通信を組み合わせて,車両ビッグデータを効率的に収集・転送するためのプロトコルの研究・開発を行っています.また車両に搭載したCPUなどの計算機資源を有効活用し,車両ビッグデータの処理を負荷分散する手法の研究を行っています.

センサ間自律分散通信を利用したIoTシステム

IoT技術,センサネットワーク技術,マルチホップ無線通信技術を用いることで,患者の情報をデータサーバに自動収集し,情報管理を一元化することが可能となります.例えば,24時間心電図記録の場合は医者がリアルタイム的に患者の状況を確認できるようになります.そこで,センサ間自律分散通信を利用したIoTシステムの研究開発を行っています.

次世代ヘテロジニアスネットワークにおけるクラウドコンピューティング

次世代の無線ネットワーク(5G)では,緊急時や災害時における無線アクセスの需要の急激な増加と資源の不足にも柔軟に対応し,移動性,耐中断性にも優れたサービスを提供する必要があります.これを実現するためには,ヘテロジニアスネットワークを想定したクラウドコンピューティング技術の活用が非常に重要な課題となります.そこで,5Gヘテロジニアスネットワークにおけるコンピュータリソースと通信リソースの組み合わせを最適化,知能化(Software-Defined Networkで実現)する問題について研究しています.

3.研究の進め方

まずは,無線ネットワーク,ネットワークコンピューティングに関する基本的な事項を学習します.既存のプロトコル,システムの詳細を理解した上で,新しい手法を提案します.提案手法を理論解析,コンピュータシミュレーション,実証実験により評価し実用性を確認します.国内外大学,研究機関,企業との共同研究を積極的に進めています.研究会や国際会議などを通して,同じ分野の研究をされている専門家の方々と意見交換をしながら、研究を進めていきます.

教員紹介