このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教員紹介

樫木 勘四郎 客員教授 KASHIKI Kanshiro

  • 情報ネットワークシステム学専攻
  • ネットワークコンピューティング学講座
  • 株式会社 KDDI研究所
  • ka-kashiki(at)kddilabs.jp

近年、携帯電話や無線LANによるインターネットアクセスは、身近な情報交換・情報入手手段となっています。また、WiMAXやLTE等の新たな無線通信サービスもまもなく開始されようとしています。これらの移動通信システムにとって使い勝手のよい1~6GHz 程度の周波数帯域は、非常にユーザが多く、深刻な電波不足が生じています。こうした状況の中、ニーズの高い移動通信に必要な周波数帯域を確保するためには、移動通信システムにおける周波数の有効利用を実現する研究開発が不可欠です。

そのためには、異なる無線通信方式や周波数を束ねることにより、無線リソースの有効利用を実現することが考えられます。また、無線通信方式や無線環境によりそれぞれの通信の信頼性は異なりますので、異なる無線通信方式や周波数を束ねることにより、より高い信頼性を追求することも可能となります。

コグニティブ無線とは、このように無線環境を認知して、複数の通信システムを束ねたり、あるいは切替えることにより、回線容量の増加や信頼性の向上を図り、結果的に電波の有効利用を図るシステムです。

上記の目的のため、無線通信システムの試作・評価、複数無線通信システムの切替えアルゴリズムのソフトウェアシミュレーション、実フィールドでの実験などの研究開発の実施を計画しています。

教員紹介