このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教員紹介

冨沢 哲雄 助教 TOMIZAWA Tetsuo

  • 情報メディアシステム学専攻
  • 知能システム学講座
  • tomys(at)is.uec.ac.jp

これまでに培われてきた多くの研究成果により、ロボットの技術は飛躍的な発展を遂げ、生産現場や極限作業では非常に重要な役割を担うようになってきています。様々な要素技術が充実しつつある今、ロボットはその応用が問われており、中でも人間の生活支援に関する分野への進展は強く期待されています。
一方、私たちの日常生活環境においてはロボットが活躍している姿を見ることはまだまだ稀であり、実用化されているのはごく少数に限られています。

そこで我々は、家庭やオフィスなどの日常生活環境(=リアルワールド)において、種々な物理的・情報的なサービスを提供することにより人々の暮らしを豊かにできるロボットを目指しています。


ロボットにとって、人間の居住空間は非常に複雑かつ過酷な環境であり、日常生活支援の分野でサービスロボットを実用化していくためには、従来進めてきたセンサデバイスや制御アルゴリズムの研究開発だけにとどまらず、導入や利用時におけるユーザーの使いやすさに重点を置いて研究を進めていかねばなりません。

自動車や家電が普及するにはインフラが重要な役割を果たしてきました。
道路やガソリンスタンドを欠いては今日の自動車社会は実現できませんし、各家庭に電源コンセントが無ければ家電も役に立ちません。同様に、ロボットが家庭に普及するためには、環境インフラの整備が有効でしょう。
また、日常生活にロボットを浸透させるためには、ロボット技術に長けた専門家でなくても、いつでも誰でも扱えるような容易性がきわめて重要です。特に、設置やキャリブレーションが困難であっては、日常生活への普及は見込めません。ロボットの機構やアルゴリズムを工夫することで、子供や老人でも簡単に扱えるデザインを検討しています。

ロボットは、テレビやウェブコンテンツとは異なり、物理的な存在としてのカタチが存在しているため、自ら周囲の環境に物理的な作用を働きかけることができるという大きな特徴があります。
ロボットの動きはコンピュータによって制御されるため、自分の思った通りの動作を、自分で書いたソフトウェアによって実現できることがロボット研究の醍醐味となっています。

一方、リアルワールドで安全かつ確実に働くロボットを開発するためには、シミュレーションや理想的な環境中だけではなく、ターゲットとする環境で十分に実験を繰り返すことが不可欠です。
実環境で運動エネルギーを持つロボットの実験をするのは時間的にも体力的にもコストがかかるうえ、ときには社会的な理解を得るのが難しいこともありますが、これもまたリアルワールドにおけるロボット研究の醍醐味です。

「思った通りに動くとうれしい。それが自分だけのためではなく、世間の役に立つと、もっとうれしい。」ロボットが常に人をハッピーにさせるモノであり続けることを願って、日々研究に励んでいきたいと思います。

教員紹介