このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教員紹介 本棚紹介

山本 佳世子 YAMAMOTO Kayoko

社会知能情報学専攻 社会情報システム学講座
准教授

書棚の概略・研究テーマとの関連

主要な研究テーマは計画理論であり,特に環境計画,都市・地域計画に関するものが中心である.近年の研究の傾向として,これらの計画理論に対して,特に情報システム学の立場からアプローチすることが多い.たとえば,GIS(地理情報システム)を利用して,土地利用・空間利用,環境情報の解析評価を行った研究,GISとICTを利用した情報提供・共有化手法,意思決定支援システムに関する研究がある.これらの研究以外にも,まちづくりや地域づくり,市民参加,NPO/NGOなどの社会活動,市民意識や行動,企業の環境活動に関する研究も行っている.

書架には,上記のような研究テーマに関する専門書以外に,数々の記念写真とともに,出張などで訪問した地域のガイドブック,自分が興味を持った分野の新書等も並んでいる.

学部学生への推薦図書

「「明日の田園都市」への誘い-ハワードの構想に発したその歴史と未来-」 東秀紀,橘裕子,風見正三,村上暁信,彰国社,2001.ISBN:4395005942

ユートピア(理想郷)の建設は古来から求められてきたことであるが,19世紀のイギリスではハワードがロンドンの劣悪な都市環境に対する批判と反省から田園都市思想を提案した.本書は,その社会的背景について概説するとともに,田園都市の理念を基盤とした日本および欧米諸国の都市づくりについても紹介している.都市や環境に興味を持ち,本格的に勉強したいと考える人にお薦めしたい.

大学院生への推薦図書

「環境市民による地域環境資源の保全-理論と実践-」 熊田禎宣・山本佳世子編,古今書院,2008.ISBN:4772252185

「資源としての地域環境をどのように保全し,未来世代に継承していくべきか?」をテーマとして,本書の前半では環境共生社会を形成するための理論について論じ,後半では福岡市,千葉県市川市,京都,釧路湿原,霞ヶ浦,十勝川など市民参加の環境づくりの活動事例を紹介している.都市計画,環境科学などの分野において,修士論文や博士論文のテーマを探す時に,ぜひ参考としていただきたい図書だと考える.

一般向けの推薦図書

「あなたが世界を変える日-12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ」 Severn Cullis‐Suzuki(原著)・ナマケモノ倶楽部(翻訳),学陽書房,2003.ISBN:4313812067

1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された環境サミットに,12歳の少女が4人の仲間達と出席し,各国首脳が並ぶ本会議場で6分間のスピーチを行った.特に「どうやって直すのかわからないものを,こわしつづけるのはもうやめてください」という少女の言葉には,子供の感性に驚くとともに,大人としても考えさせられることが多い.

教員紹介