このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

トピックス:イベント・ニュース

記事

笠井研究室(情報ネットワークシステム学専攻)が多数映像の同時伝送技術『fabric video』を開発

笠井研究室(情報ネットワークシステム学専攻)が多数の映像を同時に伝送する技術『fabric video(ファブリック・ビデオ)』を開発しました。

今回開発した『fabric video』は、多数の映像を一つの映像情報として生成する技術と、これら多数の映像に対してインタラクティブに操作可能な配信技術です。出力される映像情報は国際標準規格H.264/AVC に準拠していますので、携帯電話やスマートフォン、Webブラウザ、デジタルテレビ、セットトップボックスなど、幅広い機器で再生が可能です。新規独自アルゴリズムにより、画質劣化を低減しながら、映像の生成処理を大幅に高速化することに成功し、汎用的なPCサーバで同時に数千のユーザに対応することが可能となりました。

なお、この技術は株式会社Gnzoが2012年2月にリリースした、たくさんのビデオを並べて同時再生する無料アプリケーション「Gnzo」のサーバ側装置のコアエンジンとして活用されています。

参考サイト
イベント・ニュース