このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

トピックス:イベント・ニュース

受賞

長野岳彦さん(社会知能情報学専攻博士後期2年)、田原康之准教授、大須賀昭彦教授(社会知能情報学専攻)らがICSEA2015でBest Paper Awardを受賞

大須賀・田原研究室の長野岳彦さん(社会知能情報学専攻博士後期2年)、田原康之准教授、大須賀昭彦教授(社会知能情報学専攻)らが、2015年11月15日から20日にかけてスペイン・バルセロナで開催された国際会議ICSEA2015(The 10th International Conference on Software Engineering Advances)にてBest Paper Award を受賞しました。

ICSEA2015はソフトウェア工学全般に関する国際会議で、本賞はICSEA2015に投稿された約250編の論文の中から、優れた論文12編に対して与えられたものです。

【受賞題目】
Performance Exploring Using Model Checking A Case Study of Hard Disk Drive Cache Function

【受賞者】
Takehiko Nagano, Kazuyoshi Serizawa, Nobukazu Yoshioka, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga

表彰状
イベント・ニュース