このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

トピックス:イベント・ニュース

受賞

社会知能情報学専攻の磯崎隆司さん(博士後期課程1年)、植野真臣准教授が、採択率29%の人工知能の国際会議 IEEE-ICTAI 2008でBest Paper賞を受賞


IS研究科博士課程社会知能情報学専攻の磯崎隆司さん(博士後期課程1年)、植野真臣准教授が採択率29%の人工知能の国際会議 IEEE-ICTAI 2008で Best Paper賞 を受賞しました。Bayesian networkの学習に関する論文で受賞し、論文賞は投稿数268件中の1件で受賞しました。
 

  会議名: The 20th IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI 2008)
  開催日: 2008年11月3日~11月5日
  開催場所: Dayton, Ohio, USA
  賞の名称: The ICTAI-08 CV Ramamoorthy Award for Best Paper
  表彰日: 2008年11月4日
  表彰団体: IEEE Computer Society
  研究題目: Minimum Free Energies with "Data Temperature" for Parameter Learning of Bayesian Networks
  受賞者: Takashi Isozaki, Noriji Kato, and Maomi Ueno
   
  賞状


イベント・ニュース