このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

先輩からのメッセージ:入学案内

ISでの貴重な体験

山下 由展さん(入社後の業務内容:データ処理システム)

私は学部時代、他大学でグラフ理論を学んでいましたが、ISのデータベース学講座で行われているデータ工学の研究に興味を持ち、ISに進学しました。ISは独立大学院であるため、他大学の人や社会人など様々な方々がいる点も魅力でした。研究室に配属後は、多くの研究会で、最新の研究に触れることができました。また、先生方の指導の下で2年間の研究活動を行い、Web空間を分析し有益な情報を抽出する「Web空間マイニング」をテーマに修士論文を書きました。そして、最終的には修士課程で行った研究成果を海外発表することができました。2年間の研究活動を通して、研究会参加や海外発表等、とても貴重な体験をすることができたと思います。また、研究室の様々な方々から多くのことを学べました。現在ISに興味を持っている方々は一度、興味のある研究室を訪れてみてはいかかでしょうか。きっと、貴重な体験となるはずです。

IS研究科に何を求む?

三嶋 朗史さん(入社後の業務内容:メディア情報システム)

私が皆さんにお尋ねしたいことは、この大学院に何を期待しているかということです。私自身、当時は情報システム関連なのですから、何らかの設計技法を身に着け、また一方で大学院なのですから、何らかのアカデミックなテーマを研究課題として論文を完成させることだと考えていました。実際にその想像はほぼ正しかったのですが、一方で実社会に出るとそれは単なる枝葉に過ぎなかったことにやがて気付きました。では肝心の幹の部分はどうなっていたでしょう? 実はそれはある意味で哲学的なこの世のシステムのアーキテクチャを書き起すような命題だったのです。すなわち、IS研究科を志す皆さんには大学院での数年間において、実は情報システム学がある種の本質に迫るための比喩であることを悟り、しかしながら、同時にその次元の事象を学術的にエレガントに説明できる素養が要求されているのです。

自分を磨くことができる場所

小谷 哲郎さん(入社後の業務内容:情報システム運用保守)

思えば私がIS研究科を志望した理由は、多様な分野から学生が集まってくるという特有の研究環境に惹かれたことにあります。こう書いている私自身も純粋な情報系の出身ではなく、学部時代は教育学部の学生として、学校教員を目指していました。そんなある日、IS研究科でも担当教官となる教授の講義を受け、情報システムに強い関心を持つようになり、多様な分野に門戸を開いているIS研究科を受験しました。研究科生としての2年間は、あっという間に過ぎ去ってしまいましたが、とても充実したものだったと思います。異なる分野出身の学生同士で、それぞれの視点からお互いの研究に対する意見をぶつけ合ったこと、担当教官の方々からの厳しい指摘を受けて、必死に論文を書き続けたことなど、社会人となった今も貴重な財産となっています。IS研究科は、周りから多くの刺激を受け、研究を通して自分を磨いていける環境だと思います。是非、チャレンジしてみてください。

ISの時代

岩本 達也さん(入社後の業務内容:計算機システム)

私はヒューマンインタフェース講座の研究内容に興味を持ってIS研究科への進学を決めました。入学してから非常に感銘を受けたのは、ISのコンピュータサイエンスを中心とした充実したカリキュラムでした。社会に出てからも講義内容を思い起こして、もっと深く学んでおけば良かったと感じることは少なくありません。私は96年にソニーに入社し、3年目には米国サンディエゴに赴任、その後CELLプロセッサの開発のためテキサス州オースチンへ異動、さらにGPU開発のためにサンフランシスコ・ベイエリアに異動、現在はグラフィックス・ライブラリの開発をしております。痛感されるのは、私が社会に出てからの10年間はまさにISで学んだことが実世界で花開いていく時代であったということです。すでにIS研究科で学べる技術は世界を動かしていく原動力となっており、次の10年間にはさらに大きな価値を発揮していくと思います。

バラエティに富んだIS

佐藤 修さん(入社後の業務内容:画像処理システム)

技術の進化はとどまるところを知りませんが、技術だけ進んでも、それを人間が使いこなせなければ意味がありません。これからは、技術と人とを結ぶインターフェースが重要になると考え、関連する研究室のあるISに入学しました。私は電子工学科の出身でしたが、ISの授業の中には、ソフトウエアやシステムだけでなく、脳神経や知覚に関するものなど、広い視野の知識を得ることが出来ました。レポートなども多いですが、授業で習ったものを実地に試すことで、理解も深まりました。学生に関しても、学内外から、また様々な学科から集まってきますので、研究テーマについて視点の異なった議論が出来るのも、ISの魅力のひとつだと思います。このように、バラエティに富んだISにも、まだ足りないものがあります。それは、あなたの好奇心と探求心です。皆さんがISでしっかり学び、そして社会で生かせる日が来るのを楽しみにしています。

後期博士課程から研究者へ

福岡 泰宏さん(入社後の業務内容:教育・研究)

私はISで博士号を取得し、2006年度、茨城大学の講師に着任しました。ISは独立大学院のため、教官が大学院教育研究のみに注力でき、通常の大学院に比べて遥かに多くの研究指導を受けることができます。また、私も含めて他大学出身者が多いため、研究室に排他的雰囲気が存在しません。大学の立地は最寄の調布駅から新宿に15分と優れ、都心で開催される研究会などへの参加や、他大学研究者との交流が容易に行えます。研究設備は申し分なく、学科主導で計算機が研究室に必要数提供されるなど通常はありえません。博士号取得後の就職を憂慮する方が多いですが、近年は産官学で高度教育研究者育成に注力しており、多くの企業でも博士号取得者に門戸を開いてきているので、少数精鋭教育、かつ研究活動に特化したISでの博士後期課程進学は、憧れの?研究職に就く近道であると私は確信しています。是非お勧めします。

総合技術

大西 隆之さん(入社後の業務内容:ゲームソフトウェア)

広い分野での技術を身につけたいと考えていた私は、機械系の学部からIS研究科に進学しました。ISは独立大学院ということで、先生・先輩方も様々な分野からいらっしゃった方が揃っています。その中で、自分は学部で学んだ機構や材料、加工などの知識を活かし、苦手であった電気・電子や情報処理などの技術を吸収することができました。現在は研究の道を離れて技術者として企業に勤めていますが、広く所々深い総合的な技術を持っていることは非常に役立っています。また、学院生活で得られる多岐にわたる分野の人脈は、修了後の進路に関わらず大変心強いものだと思います。あまりに多彩なISの中では本来の目的を見失ってしまうこともあるかもしれませんが、モチベーションを高く持ってISの特色をフル活用できれば、研究はもちろんのこと自身の目標を達成する大きな一歩になると思います。

面白さの宝庫

市毛 由希子さん(入社後の業務内容:医療福祉情報システム)

一番魅力的だったのは独立大学院という特色有る環境だったということです。研究の環境が整っているだけでなく、様々なバックグラウンドを持つ学生が集まり、多様な生き方考え方に触れられるISは非常に魅力的で、先生方の顔ぶれも多彩であることからもすっかり気に入りました。大学院ともなると授業もより専門的な内容に偏りがちですが、企業の研究の第一線でご活躍されている方によるリアリティー溢れる授業などもあり、技術者・研究者としての幅を広げることができるカリキュラムが組まれていました。また、研究室では先生や仲間と連日夜遅くまで研究室にいても飽きなかったことを良く覚えています。現在は企業の研究所を経て、同社内ベンチャーにて世界中を飛び回り、研究開発から営業まで広い業務に携わっていますがこれもISでの経験があればこそです。ぜひISで充実した生活を送ってみませんか?まずは足を運んで自分の目で耳で確認してみて下さい。

恵まれた6年間

張 琪さん(入社後の業務内容:人の視覚情報処理の研究)

私は中国で修士課程まで修了し、博士後期課程からIS研究科に進学しました。入学時には日本語がほとんど話せませんでした。親切で信頼できる先生に恵まれ、研究面のみでなく生活面まで、色々と有益なアドバイスやサポートをいただけました。また、先端的な研究設備が揃っており、研究環境は最高でした。ISは独立大学院で、学生の出身国、出身大学、出身学科・専攻が様々で、ゼミでは異なった視点から、色々な意見を聞け、視野を広げることができました。博士号取得後も3年間COE研究員としてISで研究を続けました。IS で学び経験したことは現在もとても役に立っており一生の財産と思っています。おかげで、在学中に私が発見した錯視現象のパントマイム効果は国際的にも認められるようになりました。ISは、皆さん自身が修得した専門知識を活かして独創的な研究に取り組み、育てられる優れた大学院です。是非一度IS研究科を訪れてみてください。

人間社会のサイエンス

大豆生田 顕さん(業務内容:公務) 社会人入学

私は、物理学で理学修士を取得し材料メーカーの研究者として働いた経験もありますが、仕事の関係で社会人学生としてISの社会知能情報学専攻に入学しました。入学以前は数学を含む自然科学と社会科学は別物のように思っていましたが、ISで2年間学ぶ間に社会を見る目が全く変わってしまいました。今では人間社会もサイエンスの対象で自然科学と社会科学の境目はないように感じます。社会におけるコミュニケーションと物理学における相互作用との間の共通点を感じるようになり、法律でさえ数学的表現が可能なことに気づきました。情報伝達と情報処理ということに注目すると、コンピュータシステムの設計に使われる考え方が人と人とのコミュニケーションの分析にも応用できます。情報システムという見方をすると、自然にも社会にも似たような論理的構造が潜んでいます。様々な分野の人に人間社会のサイエンスの面白さを体験してもらいたいと思います。

日常業務をこなしながらの社会人入学験

鳥羽 弘康さん(業務内容:企業情報システム) 社会人入学

私が社会人入学するにあたり第一に考えたのは、会社の業務をこなしながら学位を取得できる環境でした。電気通信大学は私のオフィスから40分程度と交通の便が良いため指導教員からの指導を受けやすく、さらに、短縮修了制度があるなど、通常通りに会社の日常業務をこなしながら、無理なく学位を取得するには最適な教育環境が整っていました。私の場合、帰宅後や休日はもとより、通勤時間を有効活用して論文を仕上げた他、会社のフレックス制度や有給休暇制度を利用し、会社の業務に支障を来たすことなく指導教員、研究室の方々から密に指導を受けました。また、短縮修了も認められたので1年間で博士の学位を取得できました。在学期間中も進めていた会社の業務も、課程修了後半年にして技術的成果として実を結びつつあります。在学した1年は、私の人生で最も長く密度の濃い充実した1年となりました。勉学と業務と両立できたのも、情報システム学研究科の充実した社会人学生サポート体制のお陰と感謝しております。

社会人博士コース入学のすすめ

前田 隆正さん(業務内容:経営コンサルティング) 社会人入学

2005年4月、博士後期課程の社会人入学です。1955年学部卒業ですから、30年ぶりの再入学になります。IS研究科から社会人入学を勧められ、電通大同窓会「目黒会」の有志5人が応募し、学部卒の皆は、社会人として相当のキャリアがあったので博士前期課程は全員スキップし、後期課程にいきなり入学することが出来ました。今は短縮修了があるのでそれに挑戦しています。テーマは、SOHO(SmallOffice Home Office)です。三鷹市では、転出した多くの工場の代わりを、工場誘致でなくSOHOの集積でカバーしようとしています。1998年以来、私がその任に当たっていますが、そのSOHOが私の研究テーマです。現場の泥臭い問題を研究者の立場で考え、先生と議論をし、理論付けをするのは、新鮮で楽しく面白く現場でも役に立ちます。社会人の方は、自分の仕事をテーマにして博士後期課程の研究をされることをお薦めします。

入学案内