このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

本研究科の特徴:紹介情報システム学研究科(IS)の紹介

日本で唯一の情報システム学の大学院独立研究科。
広がりゆく情報システム学Information Systemsのニーズ。

電気通信大学大学院情報システム学研究科は、広い学際領域と急速に発展しつつある分野を持つ情報システム学にかかわる高度な教育研究を推進しています。
この分野の第一線で活躍中の優秀な研究者を教授陣に集め、最新の教育研究設備で、情報システム学における諸問題の解決に取り組める創造的・積極的な人材の育成をめざしています。

教育・研究の特徴

外部機関と連携して最先端の技術を学ぶ

キャンパスは都心近くにあり、交通の便にも恵まれています。このような地の利を活かし、さまざまな研究機関と協力体制を作り上げています。連携研究機関から研究者を客員教授として招き、講義や研究指導を通して実社会の情報システムを学ぶことができます。また、連携教育機関先で実社会を対象とした最先端の研究を行うこともできます。

あらゆる人材の幅広い受け入れ

本研究科は学部を持たない独立研究科として、全国の大学学部の卒業生、社会人、留学生に広く門戸を開放しています。情報システム学の諸問題に取り組もうという熱意と創意にあふれた志願者が、出身学部や学科の専門を問わず入学できるよう、入学者選抜制度や授業科目に細かな配慮が行われています。例えば、学生の多様なバックグラウンドに対応するために、博士前期課程1年の前学期には、情報システム学に関する基礎知識を集中的に習得できるカリキュラムとなっています。

充実した教育・研究環境

本研究科では、学生3~4人に対して教員1人が指導にあたります。研究指導の実施形態は研究室によって様々ですが、どの研究室に所属してもこの比率が示すようなきめ細かな研究指導が受けられることは確かです。また、各研究室には学生個人が使用する計算機が1人に1台以上用意され、各人に割り当てられた個人ブースにおいて学生一人一人が研究に専念できるよう配慮がなされています。

豊富な講義科目群

本研究科では、実社会と深く関わった教育研究の場を提供することを、基本方針としています。研究内容に応じた最先端の科目を講義する専門科目や情報システムに関する基礎知識を講義する基礎科目のほかに、産業界で活躍する企業等の研究者がその専門分野を幅広く講義する応用科目、外部の研究者が様々なトピックを広くもしくは深く講義する特別科目が用意されています。また、講座間を超えて学際的な分野や境界領域に対する広範囲な知識の習得を目的とした合同輪講を行います。

求められるグローバルな発想。国際舞台で世界を相手に

情報化の急速な発展に伴う国際社会の変化で、地球規模でものごとを思考するというグローバルな発想を、これまで以上に求められるようになっています。科学技術の分野では一国の利害を追求するのではなく、世界を見据えた国際協調や国際貢献に寄与することも、研究活動に求められています。本研究科では学生が研究成果を外国の雑誌に投稿することや国際会議で発表することを積極的に押し進めています。また、諸外国の著明な研究者を招聘し共同研究を行ったり、国際プロジェクトの推進など活発な海外交流を展開しています。

様々な経済的支援制度

奨学金には、日本学生支援機構、東京都育英会およびその他地方公共団体や民間団体等の育英資金があり、月額5万円~13万円程度の奨学金が貸与または給付されます。さらに学生の経済的負担の軽減を図り、学位取得チャレンジを支援することを目的にティーチング・アシスタント制度、リサーチ・アシスタント制度が用意されています。年度の予算等により金額や割合は年によって変動しますが、過去の実績では、リサーチ・アシスタントとして雇用された学生への支給額48万円(年あたり上限値)、奨学金希望者への授与割合、約40%(日本学生支援機構奨学金受給率)および、約85%(外国人留学生の奨学金受給率)となっています。

情報システム学研究科(IS)の紹介